☆よしのぶ☆ 非公式ウェブサイト

その他

当ウェブサイトは定期によって運用されています.定期はよしのぶのファンです.アンチではありません.
当ウェブサイト上の情報は全てよしのぶ本人が開示した情報に基づきます.
wikiなどの要望があれば定期へお願いします.需要が多ければ導入します.
バグ・システムエラー・情報の間違いなどの報告も定期にお願いします.

主な更新履歴

2019/05/10 YoshinobuCommentLogger beta ver. 4.2リリース
2019/05/02 情報の加筆 YoshinobuCommentLogger beta ver. 4.1リリース
2019/04/19 情報の加筆 FC2ライブにおけるキックの仕様とその対策についてを追加(当ページ下部)
2019/04/04 情報の加筆 よしのぶ入門を追加 よしのぶに送られてきたギフトを追加
2019/03/29 情報の加筆
2019/03/14 情報の加筆
2019/03/07 情報の加筆
2019/02/23 情報の加筆
2019/02/10 情報の加筆
2019/02/03 情報の加筆 ○○のぶ一覧を追加
2019/02/01 よしのぶAA(顔文字)を追加 文字コードの変更(表示がバグる人はキャッシュを削除してください.)
2019/01/31 情報の加筆
2019/01/26 情報の加筆 アクセスログから分析したよしのぶPCを追加
2019/01/23 情報の加筆 よしのぶアイテムを追加
2019/01/19 YoshinobuCommentLogger beta ver. 4リリース
2019/01/18 YoshinobuCommentLogger beta ver. 3リリース
2019/01/16 情報の加筆
2019/01/14 YoshinobuCommentLogger beta ver. 2リリース
2019/01/12 YoshinobuCommentLogger betaリリース
2019/01/09 YoshinobuCommentLogger alphaリリース
2019/01/06 情報の加筆
2019/01/04 ダウンロードとリンクとよしのぶの特徴・性格を追加
2019/01/03 引退速報を掲載
2019/01/02 情報の加筆
2018/12/30 情報の加筆 よしのぶ年表を追加
2018/12/27 よしのぶからサイト内容についての指摘があったため情報を加筆
2018/12/25 サイト開設 URL共有機能実装

気が向いたらやるかもしれないこと

詳しい人いたら助言ください.まってます.というか代わりにやってください.お願いします.

シェルスクリプトでPOST送信

連投スクリプトが簡単につくれるかも.2年ぶりにUbuntuを最新版に更新しただけで飽きて放置.curlでできればいいけど無理な気がする.

水増し先生の真似事

これもコマンドラインでやれたら嬉しい.低負荷でできそう.複数のセッションを確立して配信のデータを受け取らないようにすればいける気がする.同一IPから多重接続できることだけ確認して飽きて放置.噂によるとIEで簡単にできるらしい(未検証).

よしのぶが起きたらTwitterでつぶやくbot作成

余っているRaspberry Piがあるのでそれを使ってやれたらいいな.常時監視的なやつ.DirectShowかOpenCVで時間に対する平均変化率を求めて….TwitterのAPIにぶん投げて….妄想の段階.ハードル高いね.とりあえず配信開始を検知したらTweetするBotだけ作って飽きて放置.

FC2ライブにおけるキックの仕様とその対策について

FC2ライブでは配信者が自由に視聴者をキック(自分の配信を見れないようにすること)できます.コメントによる荒らしを防止する機能で配信の質向上につながります.しかし一方で,配信者の操作ミスによる誤キックや,配信者の機嫌が悪いときの巻き込まれキックが存在することも事実です.これらを踏まえて,FC2ライブのキックの仕様を考察し,キックの対策を提案します.まず,配信者が視聴者をキックするとどのようなプロセスで閲覧できなくなるかというと,
  1. 配信者が視聴者(クライアント)をキックしたときに,FC2ライブのシステムはそのクライアントのFC2IDとcookie(※1)とIPアドレス(※2)をキックリストに記録し,直ちに閲覧をブロックする.FC2にログインしていない場合は,FC2IDはないのでcookieとIPアドレスのみキックリストに記録される.
  2. その後クライアントが再び同じ配信ページへアクセスすると,システムはFC2IDをキックリストと照合し,リストにない場合は閲覧させる.リストにある場合は閲覧をブロックする.ログインしていない場合は3へ続く.
  3. ログインしていない場合はcookieとIPアドレスをキックリストから照合し,どちらか一方でもリストにある場合は閲覧をブロックする.
となります.つまり,別のFC2IDでログインし直せば閲覧できるということです.また,ログインしていない状態で見たいならば,cookieを削除しIPアドレスを変えれば閲覧できるということです.これらを実現する具体的な手法としては,
  1. FC2IDについて:FC2IDをあらかじめたくさん持っておく.新規でFC2IDを取り直す.ただし,同一IPアドレスからの会員登録は1日1回までしかできないので注意.
  2. cookieについて:ブラウザのcookieを削除する.ブラウザを変える.シークレットモードやプライベートモードを使用する.
  3. IPアドレスについて:PCやモデムを再起動(再起動で変更されるかどうかはプロバイダ次第)する.家のネット回線からスマホやポケットWi-Fiなどのネット回線に変更する.プロキシや匿名システムを使う(※3).現在使用しているIPアドレスは確認くんで確認できる.
などが考えられます.ポイント所持ユーザー限定配信でキックされた場合の対策は,キックされていないFC2IDでポイントを購入するしかありませんが,銀行振込みによるFC2ポイントの購入で100円から購入できます.銀行振り込みはあらかじめ銀行に申請しておけばネット経由でできるようになるので,わざわざATMや窓口に行く必要はありません.
※1 cookie:サーバがクライアントを一意に識別するためにクライアントが一時的に保持する情報のこと.ブラウザの機能.
※2 IPアドレス:インターネット上の住所のようなもの.例えば115.176.189.106のような数字で表される.
※3 公開プロキシやTorなどの匿名システムは,平文から暗号文への移行時に公開鍵を割り込ませることでセキュア通信(HTTPS)の通信内容を覗き見ることができる.したがって,大切なデータ(クレジットカード番号や何らかのパスワードなど)の授受は絶対にしてはいけない.

よしのぶはキックをするべきかするべきではないかについて

管理人はFC2ライブにおいて,よしのぶはキックを多用するべきではないと考えています.一切配信に関係ないアダルトサイトURLなどを連投する視聴者(おおかたBotです)はキックするべきですが,一般的な視聴者(アンチや粘着も含む)はキックするべきではありません.善良な視聴者はFC2のアカウントをたくさん持っておらず,キックを回避する特殊な方法も知りません.なぜなら他配信でもキックされることがほとんどないからです.しかし,アンチや粘着はそれらの行為をする前提でコメントをしているので,あらかじめたくさんのアカウントを持っていたり,キックを回避する方法をよく心得ています.したがって,善良な視聴者はキックされると二度と配信に戻ってこれませんが,アンチや粘着は何回でも戻ってこれます.よしのぶの場合は,アンチや粘着に煽られて感情任せにたくさんの視聴者をキックする(いわゆるキック祭り)ことが多く,また,アドバイスも反論や否定であると拡大解釈してキックすることがあります.つまり,よしのぶのキックは,善良な視聴者を単に減らしているだけだと言えます.このキックが慢性化すると,相対的にアンチや粘着の割合が増え,さらに善良な視聴者はキックを恐れてコメントをしなくなります.するとまともなコメントが減少し,やがて過疎っていき,アンチや粘着すらいなくなるという,負のスパイラルに陥ります.アンチや粘着には,過敏になってキックするのではなく,徹底した無視による「あなた空気読めてないよ つまらないよ」感が最も効果的だと考えます.まとめると,
  1. 善良な視聴者はキックされたら戻ってこれない.アンチや粘着は戻ってこれる.
  2. よしのぶが,キック祭りやアドバイスへのキックをする.
  3. 善良な視聴者だけが減る.さらにキックされそうでコメしづらい.
  4. アンチや粘着だけが残る.最後は過疎ってそれすらいなくなる.
です.残念なことに,よしのぶはこれからも安直にキックし続けると思います.

【朗報】キック全解除 2019/04/20 05:38 掲示

2019/04/20 00:00ごろ,iichikoさんがキック全解除させてくれました.大きな成果であると管理人は考えます.他の視聴者も歓喜しています.お礼と言っては何ですが,C言語学習中ということで,iichikoさんへ苦しんで覚えるC言語をオススメさせていただきます.カジュアル系の勉強サイトとして14年ほど前からあり,書籍化されるなどの実績もあります.プログラムの基礎を習うなら12章まで,C言語の機能を網羅したいなら16章までがオススメです.15章16章はオブジェクト指向プログラミングへの足掛かりにもなるのでそこらへんも関わるなら是非読んでみてください.管理人はC++ → Perl → C言語とプログラミングを経験していきましたが,C言語はこのサイトで学習させてもらいました.C言語はそれ単体で使う機会が少なく,「C言語+組み込み系の拡張記述」や「C言語+システムAPIの拡張記述」などとC言語をベースにして用途ごとに拡張して記述する場合がほとんどです.この場合,C言語と他の拡張記述をごちゃまぜにせず,C言語はC言語として独立して学習することをオススメします.まぜるとあとでわけ分かんなくなります.ちなみに当サイトはPerl/CGI+HTML 4.01 Strict/CSS3/JavaScriptで実装しています.Perlでベタで書いています.C言語ではありませんすいません(高速軽量なのでC言語にしたいです).